倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 山田町の山田湾漁協(白土盛組合長、組合員数350人)は7日、盛岡地裁に民事再生手続き開始を申請し、監督命令を受けた。負債総額は今年最大の約27億1500万円で、県内の漁協の民事再生手続き申請は初めて。今後も事業は継続する。

 同漁協は1970年3月に設立。イカ釣りなど沿岸漁船漁業やカキ、ホタテの養殖を主力とし最盛期の99年度には売上高が4億円となった。その後、定置漁業の低迷などで経営不振に陥り、財務改善計画を策定して自力再建に取り組んできた。しかし、06年10月の大型低気圧による定置網の損壊やノロウイルスの流行によるカキ販売の風評被害などが重なって06年度の売上高は2億8000万円まで落ち込み、信用事業での5億円に上る不良債権回収の停滞もあって資金繰りが悪化した。
 白土組合長は「自力での再生は不可能と判断した。組合員の生活の基本となる漁業権の存続、生産物の円滑な販売を期するため、民事再生を選択した」と話した。
 今後は減資や債権カットなどを実施して再生を図る方針で、代理人の八木橋伸之弁護士は「信用事業は県信用漁連に譲渡しており、信用不安はない」とした。
 県漁連は10年度末までに現在の27漁協を11漁協に集約する合併計画を進めている。山田湾漁協は同町内の大沢、船越湾、織笠、大浦各漁協との合併を協議している。県漁連の大井誠治会長は「これまで各漁協の財務状況の格差で合併は進まなかった。再生し経営基盤を整えて、合併を推進したい」と述べた。【岸本桂司】

山田湾漁協民事再生手続き申請 資金繰り悪化、負債総額27億円/岩手(Yahoo!ニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071208-00000056-mailo-l03



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2007/12/13/ 14:32 自己破産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

民事再生開始手続きを申請しが山田湾漁協は再生計画案の作成方針を説明 / HOME / 東広島カントリークラブが民事再生法の適用を申請

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。