倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 和歌山県包括外部監査人(本田壽秀公認会計士)は31日、県が出資する「わかやま森林と緑の公社」と「県土地開発公社」について、いずれも「返済不可能な負債を抱え、民間ならすでに倒産している」などとして、公社の解散や特定調停などの抜本的な対策を求める報告書をまとめた。→倒産情報・自己破産情報ランキング?

 報告書によると、森林と緑の公社は昭和43年度から県内の3361ヘクタールで造林事業を実施し、平成18年度末時点の負債総額は約146億円。伐採期を迎えると収益が見込まれるが、木材価格が低迷しているため、金融機関の試算では最終的に61億円の赤字になる見通し。

 監査人は「造林事業を継続すれば、金利免除額などを加えた126億円の負担が県財政に生じる。結論を出すべきで、先延ばしは県民の将来負担を増やすだけ。公社の解体的出直しを図るべきだ」と指摘。特定調停を行い造林事業を継続するか、県に事業を移管するかなどの選択肢を提示した。→倒産情報・自己破産情報ランキング?

 また、県土地開発公社は、関西国際空港の土取り跡地再開発事業「コスモパーク加太」にからみ、3月末時点で約368億円の負債を抱えている。造成地の大半を県に貸し、その賃貸料(19年度は6億3400万円)を金融機関への返済にあてているのが現状で、監査人は「本来の業務である土地の先行取得はほとんどされず、単に借入金返済のための受け皿にすぎない」として、解散・清算に向けて具体的な内容を決めるべきだとの意見をつけた。
和歌山県出資の2公社「民間ならすでに倒産」 包括外部監査人が報告書(Yahoo!ニュースより)




倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2008/04/04/ 12:42 倒産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

カルスが自己破産を申請へ / HOME / 昨年1年間、長野県県内で倒産した旅館11件

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。