倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 既報、2007年11月に債権者より破産を申し立てられ、今年4月3日に大阪地裁より保全管理命令を受けていた大有開発(株)(資本金1600万円、駒ヶ根市中沢9035、登記面=大阪府大阪市西区靱本町1-5-18、代表濱崎幸造氏)は、5月14日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は吉田大地弁護士(大阪市北区西天満1-10-8、電話06-6365-6038)。
 
 当社は、1967年(昭和42年)6月に設立されたゴルフ場経営業者。76年7月に「信州駒ヶ根カントリークラブ」(駒ヶ根市、約260万㎡、18ホール)をオープンし、レストラン、スポーツジム、宿泊施設も併せて経営。個人・法人を合わせた会員数は約4000人にのぼり、地元のほか中京方面の利用客などを中心に展開、2001年3月期には年収入高約3億3800万円をあげていた。

 しかし、近年は利用客数の低迷などから、2005年3月期の年収入高は約1億8000万円に低迷。預託金の償還も始まり資金繰りが悪化していた。この間、預託金の分割支払いを実施するほか、宿泊パックを設けるなどして利用客の拡大を図ったが、プレー単価の下落が続くなど業況は回復せず、2007年は冬季休業期間が終わっても、会社と連絡が取りづらい状態が続いていた。

 負債は預託金債権を中心に約53億円。→倒産情報・自己破産情報ランキング

 なお、「信州駒ヶ根カントリークラブ」は、2007年3月に会員の協力を得て大有開発の元従業員によって設立された(株)アルプスグリーン(駒ヶ根市)により運営が続けられている。
(大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]より転載)

大有開発関連ニュース
大有開発が保全管理命令を受ける



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2008/06/11/ 13:09 自己破産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

ミキシングが民事再生法の適用申請し、同日保全命令を受けた / HOME / 山内工業と関連会社が事業を停止し、自己破産を申請する予定へ

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。