倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  


 申請代理人は今井健夫弁護士(新宿区新宿1-8-5、電話03-3356-5251)ほか4名。

 当社は、1969年(昭和44年)4月に(株)弘信建設の商号で設立。その後休眠状態にあったが、2001年4月に当時株式上場を目指していた旧・(株)フレックス(88年3月設立)が株式の額面変更を目的として当社に吸収合併される形となったもの。旧・(株)フレックスは、建売住宅の分譲を主体に、注文住宅の設計・施工、不動産仲介なども手がけ、2000年3月期の年売上高は約70億6200万円を計上していた。

 合併後は同社の業務一切を継承し、設計から販売まで一貫して自社で手がけ、練馬区を中心に板橋区、中野区、杉並区など東京都城西地区で地域密着型の営業を展開していた。オリジナルブランド「ピアステージ」は6000万円~7000万円台前半の価格帯の物件の分譲を中心としていたが、2004年3月期からは他社物件の販売も手がけるようになったことで営業エリアも拡大。2004年3月期に約123億2500万円だった年売上高は、2006年3月期には約255億7300万円まで伸長していた。→倒産情報・自己破産情報ランキング

 しかし、内部留保に乏しく有利子負債依存率が高いため、それまでの規模拡大路線から収益確保や品質の維持に重点を置いた経営戦略へシフト。一部不採算店舗を閉鎖するなど店舗の統廃合を実施し、分譲実績こそ2000棟を超えたものの、2007年3月期の年売上高は約202億5300万円にダウンしていた。さらに、2007年6月施行の改正建築基準法の影響や、消費者の購買意欲の冷え込みを受けた販売不振、不動産業界への金融機関の貸し渋りもあり、今回の措置となった。

 負債は、2007年3月期末時点で約114億9727万円。
(大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]より転載)



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2008/06/24/ 14:16 自己破産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

ローソン新浪剛史社長「24時間をやめてという店や地域があれば、考える」 / HOME / ゼファーの100%出資子会社である近藤産業が自己破産を申請

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。