倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 林建設工業(株)(資本金3億3000万円、富山市安住町7-15、代表嶋倉幸夫氏ほか1名、従業員130名)は、6月9日に富山地裁へ民事再生法の適用を申請した。→倒産情報・自己破産ニュース

 申請代理人は松居秀雄弁護士(富山市千石町2-1-13、電話076-421-2280)と島谷武志弁護士(富山市西田地方町1-6-8、電話076-422-8585)。

 当社は、1919年(大正8年)3月に創業、46年(昭和21年)1月に法人改組した一般土木建築工事業者。業歴80余年を有する地元トップクラスの地場ゼネコンで、関東支店(埼玉県)、大阪支店、名古屋支店などの営業拠点開設による積極的な運営から、92年10月期の年売上高は約224億4800万円を計上していた。

 しかし、土木部門での公共工事削減による受注の大幅減少から、99年10月期の年売上高は約179億5300万円にとどまっていた。その後も受注減少に歯止めがかからず、2002年10月期の年売上高は約91億円にまでダウン。このため、約60名のリストラを実施するなど抜本的な経営再建を図っていたものの、損益面では価格競争の激化から欠損計上を余儀なくされていた。→倒産情報ランキング

 こうしたなか、2004年12月には不動産関連企業を100%子会社にし、当社不動産部門およびリフォーム部門を吸収分割。2005年10月以降は東京・新潟・岐阜・西宮営業所を閉鎖、名古屋支店不動産の売却を行うなど業容の縮小と効率的な営業を目指していたが、業界環境は依然厳しく2007年10月期の年売上高は約52億900万円にとどまり、年商規模の借入金を抱えていた。

 さらに、主力受注先であった近藤産業(株)(大阪市)が今年5月30日に自己破産を申請したことから大口の不良債権が発生、当社も連鎖する形で今回の措置となった。

 負債は債権者約300名に対し、金融債務を含め約66億円。
(大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]より転載)



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2008/08/01/ 01:04 倒産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

レイコフが民事再生手続き取下げ自己破産申請、同日破産手続き開始決定 / HOME / セントラルサービスが民事再生法の適用を申請し、同日保全命令

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。