倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • ドル安地合いの中でも下げ渋っていたドル/円の下げが加速してきた。サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題の悪化によるドル不安が一段と強まってきたことに加え、世界的な株安で投資家がリスク回避姿勢を強め、円キャリートレードが解消されるとの見方がさらに広がってきたためだ。

 円自体には買い材料が乏しいため大幅な円高が急速に進むとの声は少ないものの、ドル売りが長期化すれば105円付近まで円高が進む可能性があるとの指摘も出始めた。
 <ドル売りが対円に本格波及、サブプライム問題の広がりを懸念>
 これまでドル/円はドル安地合いの下でも、低金利で株価の上昇も鈍い円に「買い手掛かりがない」(都銀)ことや、国内勢の海外投資に伴う円売り圧力などで下げ渋っていた。しかし、ドルが対ユーロで1999年のユーロ導入来安値を、対英ポンドで26年ぶりの安値に下落するなどドル売り地合いが強まる中、114円付近で下げ渋っていたドル/円が、いよいよ下げ足を早めてきた。
 きっかけとなったのは、サブプライム問題の一段の悪化見通しだ。9日海外では、バンク・オブ・アメリカやJPモルガン・チェース、米銀大手のワコビア、クレジットカード大手の米キャピタル・ワン・フィナンシャルなど欧米の大手金融機関が相次ぎサブプライム問題による損失計上や損失見通しを発表。「米株の下げが勢いづき、ドル安の中で出遅れていた(円などの)通貨がドル売りに追いついてきた」(みずほコーポレート銀行、国際為替部為替営業第一チーム参事役の兼平修一氏)という。
 ロイター/ミシガン大学が9日に発表した11月米消費者信頼感指数が75.0と事前予想80.0を下回り、2年ぶり低水準となったことが、急速な米株の下落や円買いにつながったとする見方もあった。「大手金融機関が不振に陥り、米景気をけん引してきたハイテクセクターが伸び悩んでも消費が下支えしているという、これまでのイメージを覆すものだった」(別の都銀)ためだ。

 <リスク回避の円買い活発、官房長官発言も後押し>
 ドル安の中で出遅れていた円が上昇し始めたもうひとつの要因は、リスク回避の側面だ。最近の外為市場で株安は、投資家がリスク回避姿勢を強め、円キャリートレードの解消につながるとして、円買い要因とされている。「株価の下げと円買いに明確なつながりはない」(みずほコーポ銀の兼平氏)ものの、複数の市場関係者によると「そういうものだとの見方が根強い限り、反論しても仕方がない。株価が下落すると円相場を買い上がる取引システムを組んでいる海外のヘッジファンドも少なくない」という。
 日経平均株価<.N225>が3%を超える下げとなるなど、アジア株が軒並み安となった12日の取引で、ドル/円はさらに下げ幅を拡大。一時109.85円と昨年5月以来、1年半ぶりの円高水準をつけた。クロス円でも円高は急速で、英ポンド/円は9日東京の237円後半から12日東京の229円後半まで8円程度、ユーロ/円は同165円半ばから161.67円まで、豪ドル/円は104円前半から99円後半までともに4円超の大幅な円高が進んだ。
 町村信孝官房長官の発言も話題となった。12日の会見で円高は「国の価値が上がるということ」としたことで、市場では「円高容認とも受け取れる」(都銀)との見方が広がった。さらに「政府として為替水準を維持するようなことはしない」と述べたことで「為替水準をめぐる意見は複数あっていいが、オペレーション(介入)でサポートしないと断言するのはいかがなものか」(外銀)と、投機筋の円買い仕掛けを誘発する可能性があるとの声も出ている。
 <ドル/円は緩やかにレンジ切り下げか、米資本流入懸念でドル一段安も>
 外為市場の複数のディーラーは12日午前の取引について、こう声をそろえる。「値動きは円買いだが、積極的に円が買われているのではない。あくまでも、これまで膨らんできた円キャリートレードという円売りポジションの解消に伴う、円の買い戻しと見るべきだ」――。
 日本は0.5%という先進国で最も低い金利水準が長期化する見通しが依然としてぬぐえず、成長率も他の主要国と比べて目立たない。ドル安がどれだけ強まっても、第2の基軸通貨として存在感を増しているユーロや、金利水準の高い英ポンド、豪ドルなどのように、円には積極的な買い手掛かりがないのが実情だ。
 そのため、1年半ぶりの円高水準からさらに100円を割るような大幅な円高が急速に進むとの見方は多くない。市場関係者が指摘する目先の下値めどは昨年安値の108.97円。BNPパリバ銀行東京支店外国為替部長、好川弘一氏は「108.50円付近を下値めどとみているが、それを割り込めば105円付近まで下落する」とするが、ユーロなど他通貨のように数十年来のドル安水準まで円高が一気に進むとのまだ見方は少ない。前出のみずほコーポ銀・兼平氏は「大きなドル売りの流れは継続しており、もみ合いながらレンジを切り下げていく」と見る。
 一方、米株の下げを手掛かりとするドル安見通しはさらに強まっている。大手金融機関の相次ぐ損失計上・損失見通しは「サブプライム問題がクレジットクランチ、キャピタルクランチという二幕に続き、キャピタルロスという第3章に入ってきた」(後出の都銀)と、問題の広がりとともに、ドル安に拍車がかかる可能性を指摘する声が増えている。このままドル安が続き、米国への資金流入が細れば「米経常赤字のファイナンス問題に対する懸念が高まってくる」(別の外銀)展開を予想する声も出ている。
(ロイター日本語ニュース 編集 橋本浩)

ドル安の動き加速、リスク回避の円買い戻しで105円シナリオ浮上(Yahoo!ニュースより)



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2007/11/13/ 05:41 時事ニュース / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

国際リゾート短大の破産手続き継続で補助金8200万円未収明らかに / HOME / 貸金登録業者数、半年で851社減

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。