倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • (株)シントミゴルフ(資本金9800万円、台東区上野3-10-11、代表渡邊賢一郎氏ほか1名)は、1月15日に事業を停止、事後処理を田中省二弁護士(中央区銀座6-9-7、電話03-5568-7601)に一任した。→倒産情報・自己破産情報のランキングへ

 当社は、1950年(昭和25年)1月創業、67年(昭和42年)3月に法人改組したゴルフ用品小売業者。ゴルフ用品店「シントミゴルフ」を東京、神奈川、埼玉など首都圏にて4店舗展開するほか、ネット通販も手がけていた。

 70年代後半から80年代前半にかけては、積極出店に伴う大規模な広告宣伝戦略で知名度向上を図ったほか、サービス面では各店舗へのクラブスイング診断システムの導入などで競合他社との差別化を推進。売り上げのピークとなる89年12月期には、年売上高約107億円を計上していた。→債務・借金ランキングへ

 しかし、その後は不況下のゴルフ人口減少や中古ゴルフショップの台頭などで事業環境が悪化、2003年12月期の年売上高は約28億円に落ち込み、収益面では毎期欠損計上が続いていた。積極出店に伴う金融債務が重荷となっていたため、最盛期には10店舗以上あった店舗を相次ぎ閉鎖、過剰債務圧縮に努めていた。

 業績低迷が続くなか、2007年5月には創業社長が死去。昨今の経済情勢下ではリストラも限界となり、資金繰りが一段と悪化したことから、事業継続を断念した。
(大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]より転載)



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2009/01/30/ 12:00 倒産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

エス・イー・エスが民事再生法の適用を申請し、保全命令 / HOME / 本多芸能スポーツサービスが自己破産を申請

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。