倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  


 申請代理人は、馬場俊夫弁護士(丸亀市本町3-25、電話0877-25-1005)。

 当社は、1942年(昭和17年)2月に戦時中の企業整備令により個人船舶業者が集まり設立された。当初は遠洋漁船の建造を中心としていたが、62年7月にドック設備が整えられ、アルミ合金製旅客船や内航タンカー、フェリー、砂利採取船など幅広く建造し業容を拡大。県下トップクラスの造船業者へと成長。90年11月期には年売上高約51億6500万円をあげていた。

 しかし、景気低迷による受注減、競争激化に伴う収益の低下、受注のキャンセルなどから2000年9月に高松地裁観音寺支部へ民事再生法の適用を申請。翌2001年8月には同地裁より2002年~2009年の8回(年1回)弁済などを骨子とする再生計画案の認可決定を受け、2004年9月には現代表の佐文日出夫氏が出資し筆頭株主となったことで、同氏が代表を兼務する佐文工業(株)(香川県丸亀市)の実質的な子会社として再スタート。同年11月には再生手続きが終結していた。

 その後は、佐文工業(株)の支援のもと、2007年10月には2号ドックの完成により最大建造能力が1万トン級となるなど大型化へ対応。造船業界の好況もあって2008年11月期には年売上高約64億5900万円を計上していた。しかし、昨秋以降は世界的な景気悪化が急速に進んだことで、用船料の低下や発注のキャンセルなど業界環境の厳しさが増すなか、当社においては受注残12~13隻を抱えるなど業況を維持してきたものの、再生債務を残し、債務超過状態にあったことで資金繰りが限界となり、今回の措置となった。

 負債は約90億円が見込まれる。
(大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]より転載)



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2009/09/15/ 11:00 倒産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

弘済事業が民事再生法の適用を申請 / HOME / 国産工業が民事再生法の適用を申請

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。