倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 東証2部上場(株)さいか屋の親会社、雑賀屋不動産(株)(資本金4億4713万200円、横須賀市大滝町1-10、代表岡本康英氏、従業員11名)は、8月4日開催の取締役会で解散を決議、特別清算を申請することとなった。→倒産情報・自己破産情報のランキングへ

 当社は、1872年(明治5年)10月創業、1928年(昭和3年)3月に法人改組。66年7月に商号を(株)横須賀さいか屋から現商号に変更するとともに不動産賃貸業に転換した。神奈川県内最大手の百貨店「さいか屋」の発行済株式の33.9%を保有する筆頭株主で、「さいか屋」横須賀店大通り館を賃貸し、90年には「大通り館」に加え、「新館」、「南館」を増築し、2003年5月期は年収入高約11億5900万円をあげていた。

 しかし、増築完成直後からバブル経済の崩壊に加えて商圏人口の減少と高齢化などで「さいか屋」の売り上げ減少に歯止めがかからなかった。当社は、設備投資負担で収益が圧迫されていたうえ、JR藤沢駅北口に大型商業施設建設用の用地を取得したものの、再開発計画が遅れて借り入れ負担がより増していた。こうしたなか、(株)さいか屋は販売不振が続き改善策にも効果を出せず、8月4日に百貨店としては初の事業再生ADR手続きを申請、再生を図って行くこととなったことから、収入を「さいか屋」に依存している当社は、多額な借入金の弁済が見込めない状況となったことから、解散を決議し、特別清算を申請することとなった。

 負債は2009年5月期末時点で約174億5500万円。
(大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]より転載)



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2009/09/24/ 11:00 倒産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

アイゼックス・アルファが自己破産を申請し、保全管理命令 / HOME / ムービーアイ・エンタテインメントが自己破産を申請

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。