倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 和光化学工業(株)(資本金9000万円、大阪市平野区加美東2-2-28、登記面=大阪市生野区鶴橋1-1-33-812号、代表黒瀬直彦氏、従業員54名)は、10月2日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請した。→倒産情報・自己破産情報のランキングへ

 申請代理人は箸尾朋典弁護士(大阪市北区西天満2-10-2幸田ビル8階、弁護士法人川原総合法律事務所、電話06-6365-1065)ほか。

 当社は、1968年(昭和43年)7月に設立したガラス容器の老舗塗装業者。各種ビンの静電塗装を主力業務とするもので、化粧品用ビン・容器(50%)を主対象に、酒類、飲料水、芳香剤、食品用ほか各種ビン(50%)を取扱い、本社工場に加え尼崎市にも工場を開設。ガラス用静電塗装の業界ではトップクラスのシェアで知られ、地場のガラス容器メーカー約20社を得意先として、2004年1月期は年売上高約6億3300万円を計上していた。

 さらに、近年は海外進出を果たすほか、取引先との関係強化を図ることで、容器印刷やLEDランプのアッセンブリ組立業務などにも進出。このため受注面では活況な動きが続き、年売上高は2005年1月期の約8億3200万円から2009年1月期の約22億9000万円と大幅な増収を果したものの、一方の収益面は低調な推移が続いた。

 また、この間には設備投資や経常運転資金の増加に伴って、社債を含めた金融債務が約17億円にまで拡大。ここ数年は手形割引(約10億円)に依存した余裕の無い資金調達が続いていたが、ここにきて資金繰りが急速に悪化し、8月末には決済難が表面化していた。

 負債は約35億円超の見込み。
(大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]より転載)



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2009/11/16/ 10:40 倒産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

民事再生法の適用を申請した防予汽船の負債額は約97億円 / HOME / 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が1兆円規模の普通株公募増資検討

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。