倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 元・大証ヘラクレス上場の(株)ゼンテック・テクノロジー・ジャパン(資本金64億661万5953円、千代田区内神田2-1-2、代表仲西隆策氏、従業員34名)は、10月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 申請代理人は住田昌弘弁護士(千代田区内神田1-8-1、電話03-5280-5033)ほか4名。

 当社は、1997年(平成9年)に米国シリコンバレーで設立されたゼンテック・テクノロジー・インク(現在は連結子会社)を母体に、2000年(平成12年)2月に設立された。通信・ネットワーク関連ソフトウエアなどの開発業者として、デジタル家電事業では家電メーカー向け薄型デジタルテレビ用のデジタル放送受信ソフトウエアや薄型デジタルテレビのOEM(相手先ブランド)販売を主体に、モバイル関連事業では携帯電話キャリア向けにソフトウエアの検証テスト業務を受託。ネットワーク関連事業では、ブロードバンド無線通信システムの販売などを手がけていた。また、国内のソフトウエア開発会社を買収するほか米国、シンガポールにも子会社を有し、2007年3月期には年売上高約63億6400万円を計上。2001年8月には大証ナスダック・ジャパン(現・ヘラクレス)へ上場を果たしていた。→倒産情報・自己破産情報のランキングへ

 しかし、国内外の企業への積極的な投資やハードウエア事業への進出の失敗に加えて、過去の不適切な会計処理が表面化、2008年3月期は約71億600万円と過去最高の年売上高を計上したものの、当期赤字に転落。薄型デジタルテレビ販売から撤退した2009年3月期の年売上高は約11億800万円に落ち込んだうえ、約99億400万円の当期赤字を計上して債務超過となり、今年9月1日付で上場廃止になっていた。

 負債は8月31日現在で約101億6301万円。

 なお、今後はスポンサー候補として(株)システムファクト(札幌市)が支援、事業譲渡を行う予定。
(大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]より転載)



倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2009/11/20/ 10:40 倒産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

ヨウジヤマモトが民事再生法の適用を申請し、保全命令 / HOME / メイバンと伝長が自己破産申請の準備に

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。