倒産情報・自己破産情報

倒産情報・自己破産情報:倒産(とうさん)とは、経済主体が経済的に破綻して弁済期にある債務を弁済できなくなり、経済活動をそのまま続けることが不可能になった状態、または不可能になることをいう。(wikipediaより)

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
破産情報・倒産情報を載せます。相互リンク募集中。希望の方はコメント残してください。

hasansya


破産法の法律相談
↑↑おすすめ本↑↑
Author:hasansya
FC2ブログへようこそ!

My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

はてなRSSに追加
Googleボットチェッカー
Yahoo!ボットチェッカー
MSNボットチェッカー
あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 倒産情報・自己破産情報
  • template by syokuyou-mogura

Entries.

 
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

  • 既報、9月29日に民事再生法の適用を申請していたビュファ・コンクリートプロテクシーヨン・ジャパン(株)(資本金1億円、千代田区麹町3-7-4、代表榊いなほ氏)は、11月2日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は三村藤明弁護士(港区虎ノ門4-3-13、電話03-6721-3111)。

 当社は、1988年(昭和63年)12月に西ドイツ(当時)の総合化学メーカー、ビュファ社(現レリュウスコーティング社)の日本における総代理店として設立された。現在は同社から分離して設立されたベルゴリン社(ドイツ)製のコンクリート保護材、防錆剤、床材などの販売を手がけていた。コンクリートの老化、鉄橋、鉄骨、水中に使用されている鉄鋼建造物をはじめ、一般のビルや地下鉄などに使用され、環境面にも配慮した資材として相応の評価を得ていた。

 設立以来、特約店を全国に展開する一方、95年には建設業許可を取得し防水・防錆・床工事なども手がけ業容を拡大、近年では電力会社および道路公団からの受注が安定的に推移し、2005年6月期の年売上高は約139億5800万円を計上していた。 その後も環境問題の高まりから受注が増加、2007年6月期には年売上高約235億4900万円、また2008年6月期の年売上高は約381億1000万円と急伸をみせていた。

 しかし業容拡大の一方で、借入金の増加から余裕のない資金繰りとなっていたうえ、当社代理店の決済難を発端として、近年の大幅な売上高増加の背景に不透明な取引が噂されるなど、動向が注目されていた。こうしたなか、金融機関より破産を申し立てられていたが、対抗する形で当社が9月29日に民事再生法の適用を申請、その後調査が進められるなか、今回の措置となった。

 民事再生法の適用申請時の負債は約509億4062万円。
(大型倒産速報 帝国データバンク[TDB]より転載)




倒産情報や自己破産情報関連本などアイテム数約200万以上と日本最大級の在庫と品揃えを誇り、注文から最短翌日にお届け

債務整理・借金地獄からの救済【弁護士法人アヴァンセ】無料相談はこちら

2009/12/09/ 10:40 自己破産情報 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

トップコンが民事再生法の適用を申請し、保全命令 / HOME / ロプロが会社更生法の適用を申請

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME
:破産 :倒産 :自己破産 :負債
倒産情報・自己破産情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。